隠れていた愛国心がポンと目覚めました。

2019年12月1日挨拶はじめに

 

「韓国をホワイト国から除外する」というニュースをきっかけに、愛国心の花がポンと花を咲かせました。

 

 

日韓のホワイト国問題そこからのGSOMIA問題で、常にネットをチェックするようになった私は、呆れるほどのフェイクニュースとそれが覆る様子をみました。

これをきっかけに、いろんなことに関心を持つようになったんです。

日本人のふりをした在日の人たちが国会や公共機関、学校やマスコミに溢れていること。日本人のための日本ではなくなってきてると感じました。

日本なのに中国語とハングル文字が溢れ、土地は外国資本に買い占められてる。

ネット環境が発達したことで私みたいに「おかしい」と思う日本人が増えてます。新聞やNHKが歪めてきた真実が、嘘だってバレるようになってきたからです。

もう騙されたくないです。

 

ネットやユーチューブでは当たり前のことが、新聞やテレビで隠されていることがいっぱいあります。報道の自由ですってよ。

もうね、びっくりするくらい全然違います。

偏った情報に振り回されてるのは、新聞とテレビが大好きな人。
売国NO1は朝日新聞です。テレビは全般的にダメですが、朝日系列は最悪で、その代表格がサンデーモーニングや報道ステーションなど。NHKもひどい!受信料まで取ってるくせに!

テレビや新聞を正しいと信じてきた人は、ちょっとだけ他からも情報を入手してみると「あれ?」って思うはず。一度「あれ?」って思うと、情報を選ぶようになるので簡単に騙されなくなります。

テレビが、とか、新聞が、ではなく、〇〇新聞の○○って記者が、とか、○○って政治評論家がなど、情報の発信元がとても大事なことに気付いてきます。

私もまだまだ初心者マークですが、「この人の情報は読む価値がある」と感じる情報元が増えました。

 

私がチェックしているサイトやチャンネル

 

まずはヤフーニュースがおすすめです!

いろんなところからピックアップしてるので、まんべんなく読めて比べることができます。そして一般ユーザーのコメントが読めるので、他の人の意見を知ることができます。私はヤフーニュースからスタートしました。

私の好みを学ぶようで、おすすめ記事が韓国ネタで埋め尽くされたときは驚きました(笑)

次はツイッターに登録。ここでフォローするのは、ニュースサイトや政治家、政治評論家など。本を出版してる人や、ニュースのコメンテーターなど、気になったらすぐ検索してツイッターしてたら即フォローしていきました。

そしてユーチューブ。イチオシは虎ノ門ニュースです。

日替わりで個性豊かなゲストが登場して、ぶっちゃけ解説をしてくれるので毎日観たくなるのですが、2時間という放送時間がなかなか厳しい(笑)

時間的に10分くらいでさくっとみれるおすすめは、KAZUYA channelです。

KAZUYAさんはユーチューバー。本も出版していて虎ノ門ニュースにも出てます。毎日更新してるし、1テーマで5分から10分なので見やすいです。活舌のいい太い声で聴きとりやすい!

ユーチューブでは閲覧状況からおすすめ番組を紹介してくれたりするので、気になったらちょっと見てみて自分に合うニュース番組をみつけていきます。この人の解説をもっと聞きたいなって思ったら、その人が出てる他の番組をチェックしてみたりね。発掘作業みたいな楽しさがありますよw

私はいくつかチャンネル登録してますが、なかなか全部は観れません。ユーチューブだけでもいっぱいいっぱいなので、テレビを観ることがほぼなくなりました。いいことだw

こうやってテレビや新聞から離れると気付くことや考えることが増えて、世の中のニュースがどんどん面白くなってきました^^

あ、「そこまで言って委員会」はみてます。

三宅先生がいた頃は毎週みてましたが、骨のあるパンチのある方がいなくなったので長らくご無沙汰していました。最近またちょこちょこ観るようになりましたけど、女性で見たくない(意見を聞きたくない)人がいるので、その人が出る回は見ないことがあります(笑)あの人とあの人です。

テレビの情報番組の中で見たくないのが池上彰氏の番組です。なんとなく胡散臭い感じがして、見てても途中で見るのをやめてしまうんです。ワイドショーではミヤネ屋は生理的に受け付けない。小倉さんもおかしいこと言うし、関口氏は論外(笑)年配の方や主婦層がよく見る番組はかなり左に染まってるので拒絶反応が強くでちゃう。

一応、気になったらチェックはしてみて、なんか嫌だなって思ったらやめます。

残念だけど、テレビ局に持ち上げられてる感のある人はダメなことが多い気がします。

そこが判断材料にもなるので便利なときもあるけど(笑)

 

ブログにありがとう

 

こういう話って「話しちゃいけないテーマ」筆頭になるくらい、日本では気軽に話題にできないもので、私は実際に険悪な雰囲気になったことがあります。

そもそも友達がいない私なので、直接誰かと話すことは諦めました!

替わりにブログで書く(笑)

読むのは私だけだと思うけど、それも気楽に書ける理由のひとつよね。気負わずに正直になれるもの。時が経って読み返すのも楽しみだし。老化対策も兼ねて、ね!

そういうわけで、どうぞよろしくです。

 

Posted by タマコ