来月に組織検査とレーザー蒸散術します

子宮頚部異形成検査記録

「高度異形成が認められます」という検査結果が届き、説明を受けるために病院へ。

予約の電話でもレーザーって情報を耳にしてたので、今後の治療の予測はなんとなくできてたものの、思ったよりもズシっとくる説明にちょっとどんよりしながら病院を後にしました。

 

高度異形成レーザー後6年8か月経過→CIN2

 

CIN1から2年経過でCIN2という結果。CINとは、”前がん期“の腫瘍の段階のことらしく、CIN1→CIN2→CIN3と段階を経て、5-10年の年月をかけて目に見える頸がんになる…らしい。

(参考:CINって何ですの?

CIN2は中度異形成の分類になってるけど、私の場合、見えるところではなく奥に異変が潜んでる可能性が高くて、これは私も不安に思ってました。

だって。検査したとき先生は「見た感じはキレイです。異常なさそうですよ。」って言ってたもの!

それなのに結果が悪いってことは見えない部分、もっとが怪しいってことになるじゃないですか~!

 

ぐるっと切り取って組織検査をするそうです。

その結果では、子宮全摘もある…と。←ガーン!

切り取った周辺はレーザー蒸散術をしますとのこと。

 

「円錐切除手術ではないんですか?」と質問すると、「円錐ではないです。組織検査になります。」と言われるも、違いがわからない。切り取るなら円錐切除手術でいいんじゃないの?と。

レーザーは分かってたことだけど、説明から子宮全摘の可能性が低くない印象を受け、さすがにちょっとズシーンときましたね…。もう赤ちゃんを産むとか絶対ないけど、「必要ないので取ってもらって全然OKです」とはやっぱり全然ならないです。

組織検査+レーザー蒸散まで1か月くらい時間があるので、体温めて、味噌汁と納豆ちゃんと食べて、オートファジー機能を活性化させるような食事回数にして、免疫力アップをこれまで同様頑張ろうと思います。

私の体の中の細胞たちに頑張ってもらうしかないわけで、私にできることはサポートのみですからね。

目標が明確に設定されました!

しばらくはそういう話題が続くかもしれませんm(__)m

 

子宮の入り口をぐるっと切除+切除部周辺のレーザー蒸散

 

日帰り手術です。局部麻酔。予約時間の30分前に来てもらって、血圧測定とトイレを済ませてくださいって。

Q:切り取るのって痛いですか?
A:麻酔をしますから。前回レーザーに耐えられたなら大丈夫。

Q:付き添いはなくても問題ないですか?
A:問題ないです。ひとりで来られる方も多いです。休んで帰ることもできますから気分が悪いときは、遠慮なく言ってください。

A:音が大きいので音楽を聴きながら受ける人もいます。イヤホンを持ってきてもらって、スマホなどに入ってるお気に入りの音楽を聴いてもらって構いません。

 

前にレーザー蒸散術は受けたことがあるけど、7年近く前のことだし、麻酔しててもちょっと痛かったなってくらいしか覚えてません。あとは、術後に長く続いた生臭い汁の記憶!←先生に確認したらおりものらしい。

3回目のレーザーはないだろうけど、今回の術後の様子はブログに残しておこう。

 

気持ち

 

やっぱりドヨーンとはなりました。前回同様、予約時間から2時間待ちだったのも精神的にしんどかったし(笑)

どんより帰るのも嫌だったので、ホームセンターに行って花の苗を買って帰りました。

少し気分転換になりましたw

 

それに。

乳がんで抗がん剤治療を頑張ってる友達がいて、まだ癌でもない私が落ち込んでる場合じゃないよなぁって。

悲劇のヒロインぶりたい気持ちにブレーキかかってます。

 

息子がドーナツを買って帰ってくれたのも嬉しかったです。小麦粉はアレだけど(笑)

 

自分にできることをやるのみ。

今後の免疫アップ作戦について計画を立てたいと思います ( ̄^ ̄)ゞ