マンガ大賞2022ノミネート作品

2022年5月12日感想

ガチ勢ではないけど、そこそこマンガ好きなアラフィフです。

たまたまマンガ大賞のノミネート作品について書かれた記事を読んだので覗いてみました。

 

候補の10作品がこちら

  • 海が走るエンドロール
  • 推しの子
  • 女の園の星
  • 自転車屋さんの高橋くん
  • ダーウィン事変
  • ダンダダン
  • チ。-地球の運動について-
  • トリリオンゲーム
  • ひらやすみ
  • ルックバック

 

なんてこと!どれも知らないわ=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)

あんなにネットカフェ行ってるのに(笑)

今度行ったら探してみようと思います。

 

マンガ大賞のノミネート作品メモ

作品名あいうえお順・敬称略

海が走るエンドロール:たらちねジョン

65歳を過ぎ夫と死別し、数十年ぶりに映画館を訪れたうみ子。そこには、人生を変える衝撃的な出来事が待っていた。海(カイ)という映像専攻の美大生に出会い、うみ子は気づく。自分は「映画が撮りたい側」の人間なのだとーー。心を騒ぎ立てる波に誘われ、65歳、映画の海へとダイブする!!

【推しの子】:赤坂 アカ

「この芸能界において嘘は武器だ」
地方都市で、産婦人科医として働くゴロー。芸能界とは無縁の日々。一方、彼の“推し”のアイドル・星野アイは、スターダムを上り始めていた。そんな二人が“最悪”の出会いを果たし、運命が動き出す…!?
“赤坂アカ×横槍メンゴ”の豪華タッグが全く新しい切り口で“芸能界”を描く衝撃作

女の園の星:和山やま

「声を出して笑った」の声、続出!!!漫画賞総ナメ『夢中さ、きみに。』の和山やま初連載!

ある女子校、2年4組担任・星先生。
生徒たちが学級日誌で繰り広げる絵しりとりに翻弄され、教室で犬のお世話をし、漫画家志望の生徒にアドバイス。時には同僚と飲みに行く…。な~んてことない日常が、なぜこんなにも笑えて愛おしいんでしょう!?
どんな時もあなたを笑わせる未体験マンガ

あ、これは読んだ記憶がある。ネットカフェで「おすすめコーナー」にあったわ!確かに面白かった!

自転車屋さんの高橋くん:松虫あられ

飯野朋子(はんのともこ)、略してパン子30歳。
上司からのビミョ〜なセクハラや同僚からの誘いを断れないのが悩み。
近所の自転車屋で働く高橋くんはいつも距離が近いし、ちょっと強引なところもあるけど…不思議と嫌じゃない。それどころか、普段は言えない本当の気持ちも彼にならぜんぶ話せるーー。
世話焼き年下ヤンキー×ちょいネガティブなアラサー女子のご近所ラブストーリー!

ダーウィン事変:うめざわしゅん

テロ組織「動物解放同盟(ALA)」が生物科学研究所を襲撃した際、妊娠しているメスのチンパンジーが保護された。
彼女から生まれたのは、半分ヒトで半分チンパンジーの「ヒューマンジー」チャーリーだった。
チャーリーは人間の両親のもとで15年育てられ、高校に入学することに。
そこでチャーリーは、頭脳明晰だが「陰キャ」と揶揄されるルーシーと出会う。
「テロ」「炎上」「差別」……ヒトが抱える問題に、「ヒト以外」のチャーリーが、ルーシーとともに向き合うヒューマン&ノン・ヒューマンドラマ。

ダンダダン:龍幸伸

幽霊肯定派の女子校生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタク・オカルト君。互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くのだが…。運命の恋が始まる!? オカルティック怪奇バトル開幕!

チ。―地球の運動について―:魚豊

動かせ 歴史を 心を 運命を ――星を。
舞台は15世紀のヨーロッパ。異端思想がガンガン火あぶりに処せられていた時代。主人公の神童・ラファウは飛び級で入学する予定の大学において、当時一番重要とされていた神学の専攻を皆に期待されていた。合理性を最も重んじるラファウにとってもそれは当然の選択であり、合理性に従っている限り世界は“チョロい”はずだった。しかし、ある日ラファウの元に現れた謎の男が研究していたのは、異端思想ド真ン中の「ある真理」だった――

命を捨てても曲げられない信念があるか? 世界を敵に回しても貫きたい美学はあるか? アツい人間を描かせたら敵ナシの『ひゃくえむ。』魚豊が描く、歴史上最もアツい人々の物語!! ページを捲るたび血が沸き立つのを感じるはず。面白い漫画を読む喜びに打ち震えろ!!

トリリオンゲーム:稲垣理一郎、池上遼一

稲垣理一郎&池上遼一の最強タッグ!!

1,000,000,000,000$稼いで、この世の全てを手に入れろ!
世界一のワガママ男・ハルと、まじめなガク。
最強の二人がゼロから起業、ミラクルを起こす!!
グーグル、アマゾン、マイクロソフトを喰う!
『Dr.STONE』の稲垣理一郎と『サンクチュアリ』の池上遼一が放つ、最新にして最高!
スタートアップコミックの決定版、誕生!!

お!これも「おすすめコーナー」にあって1巻だけ読んだ記憶がある!

ひらやすみ:真造圭伍

心救われる、もらった平屋モラトリアム。

生田ヒロト、29歳、フリーター。定職なし、恋人なし、普通ならあるはずの?将来の不安も一切ない、お気楽な自由人です。そんな彼は、人柄のよさだけで、仲良くなった近所のおばあちゃん・和田はなえさんから、タダで一戸建ての平屋を譲り受けることに。そして、山形から上京してきた18歳の従姉妹・なつみちゃんと2人暮らしを始めました。しかし、彼の周りには生きづらい“悩み”を抱えた人々が集まってきて…

ルックバック:藤本タツキ

自分の才能に絶対の自信を持つ藤野と、引きこもりの京本。田舎町に住む2人の少女を引き合わせ、結びつけたのは漫画を描くことへのひたむきな思いだった。月日は流れても、背中を支えてくれたのはいつだって──。唯一無二の筆致で放つ青春長編読切。

=====

私が読みたいなって思ったのは、

1.ルックバック
読み切りなので読みやすそう。

2.ダーウィン事変
私好みな感じがする

3.チ。―地球の運動について―
これも私好み。

4.ひらやすみ
こういうほのぼのした雰囲気のマンガも好きです。

5.海が走るエンドロールまたはダンダダン
絵は海が走るーだけど、ダンダダンはくだらなさそうで面白そうw

 

感想

Posted by ひまめ