炒り玄米とか炒り豆とか

2022年4月7日備蓄(食料)

 

備蓄品のリストアップをしたときに「炒り玄米」と「炒り豆」という存在を初めて知った私。要は玄米とか大豆をフライパンで炒めて作ったもので、そのままポリポリ食べられることから保存食やおやつに便利な食べ物らしい。

イメージしやすいものに節分の豆があるよね。うん、あれは美味しいし腹持ちも良さそう!

とりあえず玄米を買っとこう、と。私の行くスーパーにあったのは「やわらかい玄米」ってやつ。600円か700円くらい。

頑張って炒ろうと思う(¬ω¬*)←すぐにはやりそうにない顔

 

 

だいたい10~15分くらい炒るのが基本っぽい。豆もほぼ同じやり方。簡単といえば簡単なので、あとはやる気のみね。

もちろん市販品もある。これは500g入ってて1000円。黒大豆・青大豆が入ったミックスで、砂糖も塩も油も使ってないんですって!

私、買い食いが止められなくて(いきなりなんの告白!?)

仕事帰りに買い物にいくと、ついおやつを買って食べてしまう。ブログで買い食い止めます宣言をしようと思ったくらい。

いきない止めるってどうせできやしないんだし、炒り豆をおやつにしてみようかなぁ。そうすればローリングストックにもなるし、一石二鳥な気もする。ふむ。

干し野菜もね。市販品から始めて、ゆくゆくは自分で作れたら最高よね。そのためには干し網を手にいれなくちゃ。明日ホームセンターに行ってみよう。

と、備蓄にちょっとエンジンかかってきた私。美容院で食料備蓄について語ってきたら、ちょっと笑われてしまったわ…。「そこまでする?」ってニュアンスの笑いだったけど、私ごときで笑うなんて甘いわね(笑)