金スマ社交ダンスの新たな闘いがスタート!海外戦1戦目フィンランドオープンの結果は?!

2019年9月14日


マイアミでの世界選手権で7位という、アジア人として大快挙を成し遂げてから、またふたりのダンスをテレビでみれるのを楽しみにしていましたよー!

新章2018✨

ふたりは世界選手権で表彰台を目指します!
つまり、3位以内を目標にするということです。

ダンスのプロではない芸人のふたりが、テレビの企画で世界選手権3位を目指すって凄すぎる( ⓛ ω ⓛ *)

その世界選手権までにランキングをあげることを目標に、大きな大会に次々と出る予定で、今回は海外ツアー第1戦目「フィンランドオープン」編でした!

 

結果は、、、

 

準優勝!!おめでとうございます!!

 

フィンランドには、マイアミで1点差で負けたミッコペアがいて、今回も彼らは出場していました。
今回もまた1点をめぐって2ペアは闘うことになったわけで、しかも最後の最後、ラストダンスの勝敗がそのまま順位になるというドラマチックな展開でした。

みてるだけなのにハラハラ緊張でしたよ(*ノωノ)

勝敗が決まるダンスが始まると、キンタロー。さんの笑顔が光ってて、ロペスもしっかり大技決めてくれたし、余裕を感じました。対するミッコは、世界選手権でもそうだったけど、疲れがダンスに出てました。38歳、しんどいよね(めちゃくちゃわかる)

とはいえ、世界選手権では負けただけに、今回も名前を呼ばれるまでは安心できませんでした。3位でミッコペアの名前が呼ばれたとき、キンタロー。&ロペスも自分たちの2位が分かって目を見開いて喜んでましたw

今回のフィンランドオープンで2位以内に入ると、ランキングが30位になる大事な試合だったので、無事に目標達成した瞬間でもあります。

ふたりの順位が46位→30位にランクアップです!

 

1位はロシアの新星ゲオルギーペア。
なんとペアを組んでまた半年。それでいて、絶対王者の世界ランク1位のロペスペアに完全勝利した超新星。

メリハリの効いた美しいダンスでした。余裕もありまくりって感じで、女性のプロポーションがそれはそれは見事です😲

新しい強敵が現れましたね。
ゲオルギーペアは世界選手権にも出る予定だと言ってました。

きっとゲオルギーペアもランキングをあげるために、各大会に出るでしょうから、これからも大会で顔を合わせることが多そうです(´・_・`)

 

世界選手権に向けてのチーム陣

総監督:山本英美先生
世界選手権でふたりに奇跡を起こした超カリスマコーチが、1年間専属コーチとして指導。

日本代表強化コーチ:治面地良和コーチ

振付コーチ:現役日本チャンピオン 塚田真美&増田大介ペア

 

 

世界選手権に向けての大会スケジュール

昨年は海外大会はドイツとイタリアのみだったが、今回は世界ランキングをあげるためという大きな目的があるのです。

過去の実績や世界ランキングが、ジャッジの判断基準になる可能性があり得る。
なので、きちんとランキングをあげて、いろんな大会で勝ってる選手なんだと踊る前から認識してもらうことは、大きなメリットになるとコーチは考えてるようです。

前回の世界選手権のときは89位。そして現在46位。
大会で上位入賞を重ねて、名前と顔を売ることが絶対に必要のようです。

目標は、10月の世界選手権までに世界ランクTOP10

 

メダルを獲るための年間スケジュール。

3月:フィンランドオープン
2位までに入れば世界ランキング46位→30位
4月:オーストリアオープン
世界ランキング20位までアップを目指す
5月:全日本シニアⅠ選手権
日本チャンピオンという肩書を手にいれたい(昨年は2位)
7月:アジアチャンピオンシップ
アジアチャンピオンの肩書を手にいれたい
8月:ジャーマンオープン
世界ランキング10位までアップを目指す
9月:最終強化合宿

10月:WDSシニアⅠラテン世界選手権

 

世界選手権に向けての秘策「新しい大技投入」

5種目(サンバ・チャチャチャ・ルンバ・パソドブレ・ジャイブ)にそれぞれ新しい大技を投入するそうです。
というのも、体格が小柄なふたりはどうしても印象に残りにくいことから、インパクトのある技=武器が絶対に必要とコーチの判断です。

今回のフィンランドオープンでは、そのうちの2つの技が披露されました!

ルンバの大技 大蛇のポーズ
女性の足が浮いてしまうと減点、厳しいジャッジだと失格のリスクのある禁断の技。キンタロー。の全体重がロペスの首にかかるのでロペスにも大きな負担だし、足を浮かさないというのがかなり難しいようです。
フィンランドオープンでは(少し浮いたから?ギリギリOKか?)という感じでしたが、減点なく成功させてくれました。

ジャイブの大技 キンタロースライド
体の大きな海外勢がまねできない技ですが、簡単そうに見えて恐怖が伴うもの。ふたりの信頼関係が大きな鍵となる技です。ロペスにはスペース確保という判断能力も求められるなか、フィンランドオープンではキレイに決めてくれました!
最後の種目は疲れとの闘いでもあるので、そこでこの大技が成功するのはかなり大きいポイントです。

 

次回はオーストリアオープンですね(๑ↀᆺↀ๑)✧
めちゃくちゃ楽しみ♪