「鬼滅の刃」をプライムビデオで見始めたら止まらなくなりました。

2020年5月21日アニメ


プライムビデオでアニメ「鬼滅の刃」をみまし。(ジャンル:アニメ)

 

ジャンプで連載されてる漫画らしいけど、私は今ハイキューしか読んでないから知らなくて、韓国が日本の漫画をパクって作ったゲームの記事で存在を知りました。

しかーも!この鬼滅の刃はワンピースが連続で記録してるという販売数を抜いたらしい。
販売数って初回部数?トータルではさすがに抜けないでしょ。と、いろんな意味で注目の作品。

 

時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎(たんじろう)は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。 さらに唯一生き残った妹の禰豆子(ねずこ)は鬼に変貌してしまった。 絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、 “鬼狩り”の道を進む決意をする。 人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる――!

 

●アラフィフタマコの感想:とまらなくなるほどハマった!

 


Amazonプライム・ビデオ

 

大切な人を守るために強くなりたい。守るために戦う。こういうテーマは魂を揺さぶるんだよー!見始めたら止まらなくなって、13話まで一気にみてしまい気付けば休みが終わろうとしている(笑)

 

これはワンピースと同じで、アニメから入ったおかげで世界観が理解しやすかった気がする。音楽や色が上手くアシストしてる。1話目で鷲掴みにされたもの。

家族を殺され、たったひとり残された家族を助けるために己を鼓舞して強くなろうとする姿は、胸が熱くなる。1話目の中のセリフにも大いに共感したのだけど、命を取られるような場面で「助けてください」と土下座したところで助かりはしない。助かりたいなら、助けたいなら戦うんだ!

黙ってやられるなんて私も嫌だ。

 

最近コロナの件や、香港弾圧のニュースで中国の恐ろしさをひしひし感じてることもあって、平和が当たり前じゃなくなるかもって考えるようになってたから、ものすごく胸に響いた。特亜の人が日本で起こす事件が残虐で、アニメの中の鬼と重なってしまう。

そしてやっぱり、家族って大事なんだなって。

この物語ではふたりきりになった兄と妹がお互いを想い、希望を探しながら助け合う。

その家族愛にも胸を打たれる。目頭が熱くなる場面もある。

 

たんじろうが家族想いのお兄ちゃんすぎてキュンキュンする。

怪我をして完治してない場面で「俺は長男だから我慢できた!次男だったら我慢できなかった!」ってセリフがあってちょっと笑ってしまったw

「男なら弱音を吐くな!」ってセリフもあったな。ホント、昔の、”男とはこうあれ”って感じで、男女平等ってうるさくなった今だと考えられないことかもしれないね。とはいえ、泣き虫キャラもいるのでバランスはとれてる?!

ねずこちゃんもめちゃ可愛い。

どこまで人間の気持ちが残ってるのか分からないながら、お兄ちゃんを助けようとする姿には家族愛を感じるばかり。たんじろうの妹を想う気持ち、すごくわかる!ねずこちゃんみたいな家族だったら助けたいよ!(可愛げのない自分勝手な子だったら、私なら助けたくない。)

鬼滅の刃、人気があるの納得です。

タイトルの「きめつのやいば」って新しい響き。登場人物の名前「たんじろう」とか「ねずこ」って名前も。

お気に入りになりました(^^)/

 

プライムビデオでどこまでみれるのかわかんないけど、youtubeでも無料で公開してるみたい。みれるところまでみたい!

で、次はマンガだわ!

 

●30日間無料でお試しできる!
プライムビデオでみれる映画や番組を確認してみる

 

アニメ

Posted by tamami