【お料理レシピをまとめよう】自分らしくアレンジできる手書きレシピがやっぱり便利!

2019年4月6日

 

料理レシピ、結構たまってませんか?

今はお料理ブログもたくさんあるし、料理本やテレビの料理番組、スマホのアプリにも気になるレシピが溢れてて、気がつくといろんなカタチであちこちに散らばってしまうんですよ、お料理レシピが。

パソコン管理だのアプリで管理だの、一見便利そうなアイテムだけど、実際のところ手書きでまとめるのが一番使いやすいです。

アラフィフ世代の私なんかは本当に実感します。

 

 

オリジナル料理レシピ手書き用紙

料理レシピ手書き用紙

A5サイズとはがきサイズで作ってます。

レシピ用紙A5×2
レシピ用紙ハガキ×4

 

A4サイズだと大きくてちょっと邪魔かなって感じるので、私の好みはA5サイズ。はがきサイズはアラフィフになると字が小さくて前より魅力ダウンですが(笑)、コンパクトにまとめれるし、100均に可愛いハガキファイルがたくさんあるので管理がしやすいです。

 

印刷はA4サイズが便利で一般的なので、それに合わせてテンプレートを作りました。A5だと2枚、はがきサイズだと4枚、一度に印刷できます。

並び替えのことを考えると、表面にのみレシピを書くのがおすすめ。裏面には、切り抜きや写真を貼り付けるのもいいと思います。

 

私の書き方ポイントは、材料の横に(千切り)とか(みじん切り)と、切り方も書いておくんです。材料のところで、下準備まではざっと確認できるイメージ。

余計な言葉は極力省いて、手順なんかは3ステップくらいにまとめちゃいます!

 

 

リピ飯基準でレシピを選ぶ

 

世の中にはたくさんのレシピで溢れてます。
気になるレシピは、雑誌なら切り抜いて、ネットなら印刷したり軽くメモったり。

そして実際に作ってから、「また食べたい」と思うものだけを自分用のレシピノートに加えていくのがいいと思います。

レシピはありすぎても困るんです。

「また食べたい!!」って思うものなら、1ケ月に1回くらいは食卓に登場させたい。って考えると、メインのおかずのレシピって30種類あれば献立作りには困らないと思うんですよね(笑)

特別なレシピや季節のレシピは別にして、まずは30レシピを選ぶところから、レシピ整理をしていくのがおススメ♪

 

私が提案するレシピの分類方法

 

昔は、牛肉・豚肉・鶏肉・ひき肉・魚って感じで、素材別の分類方法でした。

料理に慣れていくと、素材って代用できるんだなって分かってきたんですよね。豚肉買いにきたけど、鶏肉の方が安いからこっちでいっか♪とか(笑)

じゃあ、どういう分け方したら使いやすいかな、献立を考えるときにも便利かなって考えたとき、調理方法か味付方法で分類するのがいいなって思ったんです。

どちらかで分類すれば、似たようなメニューが続いて「また?」って思うこともないし、レシピの増やし方もバランスがとれます。

 

最後に

 

これうちの定番にしよう!ってレシピに出逢ったら、切り抜いたりパソコンに保存したりしてると思いますが、せっかくなので自分専用のレシピノートにまとめてみませんか?

あちこちにバラバラに散らばってるものをひとつにまとめる!

大きさも書き方も揃えてあげると、作るときに「見る」ところが決まるので楽になると思います。

そして分類方法を献立作りに活かせるように、調理方法や味付け方法にしてみてください♪