孤独の基準

ひとりごと

年金で一人暮らしをしている女性のブログを読んでます。疎遠になってた方との再会で、後悔していることについて書いてありました。とても共感しました。

疎遠になってた人は結婚していて、夫がいたにも関わらず「私たちは天涯孤独だから、お互いに励ましあっていきましょう。」と言われ、(あなたには夫がいるじゃない)と心の中で思っていたのだと。本気にせず、かといって反論もせず、流して取り合わないようにしていた中で疎遠になったようですが、最近突然連絡がきて、特養に入院していることを知ったそう。不自由な体で、やっとの思いで連絡してきたみたいです。

私も、友達が旦那さんの愚痴を言うのを聞きながら、お互いに励ましあおうと言われたとき(愚痴ってばかりだけど旦那さんに大なり小なり守ってもらって暮らしてるじゃない。頼れる人がいるじゃない。私とは違うじゃない。)と。ブログの方のように、あなたには夫がいるじゃないって、思ってました。

だけど私だって、頼りにならずにまだまだ心配な存在だけど息子がいる。お喋りができる友人がいる。何も期待できないけど付き合ってる人がいる。小さい会社だけど正社員で働いて生活できてるし、経過観察中だけど大病なく元気に暮らしてる。決して何も持ってないわけじゃないし、不幸なわけでもない。

それなのに「私も孤独なの」と言われると「私とあなたは違う」と拒絶してしまう自分がいる。なんでだろう。私は、夫がいる人とは分かり合えないと思っているんだろうか。夫がいても夫に頼れない人はいるし、孤独の基準は人それぞれ違うもの。ないもの自慢してるんじゃないんだから。

いろいろ考えてしまいました。

夫がいても、子供がいても、友達がいても、がっつり寄りかかることはできないし、逆にされても困るわけで、お互い様です。自分にできることをする、してもらったことに感謝する、柔らかく生きていける人になりたいです。

 

Left Caption
いつもの地味めごはん。
20時までに食べ終わるのが目標です。

私のカレーは具だくさん。でも、実はスープのようなカレーが好き(笑)で、ルーをたっぷりごはんにかけたい!

圧力鍋を使うようになって、最初は全部煮込んでたけど、だんだん炒める食材が増えて、ニンジンとかじゃがいもは圧力鍋で、玉ねぎやきのこはフライパンで炒めてから後で一緒にするやり方が定着してきました。お肉も別で焼いてから合流。そして一番のお気に入りが、後乗せ焼きなす!