ドラマ「きのう何食べた?」を一気にみた感想

ドラマ

Prime Videoで「きのう何食べた?」を一気にみた!

2019年の作品で人気があるとは聞いていたのだけど、自分でみて至極納得。癒されるっ!

 

ゲイカップルの日常をほんわかと表現していて、西島氏が演じるシロさんの作るごはんに目が釘付けになる(笑)それをさ、内野氏演じるケンジが美味しそうに食べるんだよね。毎回あんな風に食べてくれる人がいたら、料理好きにはたまらんだろうなってニヤニヤしてみちゃった。

個性豊かなキャラを演技力抜群の俳優さんが演じててよかった。笑ったりホロリとしたり、考えさせられたり。

マイノリティーの恋愛って意味では自分と重なるところもあり、私はまわりの人にカミングアウトできないシロさんタイプ。でも私は、ケンジのようになりたいんだよね。本当は。

シロさん大好きって、愛情を出し惜しみしないところとか、素直に喜ぶところとか、ケンカしてもさりげなく仲直りのきっかけを作れるところとか。ものすごく可愛い人だなって思った。

内野さんの演技には驚かされたよ(笑)

あんな風体なのにちゃんと乙女なんだもん!

 

シロさんはあんまり愛情表現しないから、本当にケンジのことが好きなのかなって疑問に思いながらみてたの。好きとかいう場面ないし、今から新しい相手見つけるのはしんどいからケンジと別れるつもりはないとか言うし。でも、ケンジの好きなものを作ってあげたり、親に会わせたり、ケンジと一緒に生きていくって気持ちがどんどんはっきり感じられるようになって、ああ二人は素敵なカップルだなぁって。

 

マイノリティーってところは重なるものの、シロさんとケンジカップルと私たちではまったく違う。

結婚というカタチが取れないからこそ、別れないなら継続する努力が必要だとシロさんが言ってたけど、その努力も、単に片方の我慢の上に成り立ってるものだと限界がくるよね。私は自分ばっかり我慢してる気でいるから不満が募ってる(笑)

私たちも結婚というカタチがないのは同じだけど、一緒に生きるって感じじゃなくて、お互いにひとりで頑張ってたまに一緒に楽しく過ごそうってスタイル?

だったら美味しいところだけでいいのに、私の負担、多すぎない?って思ってしまうのよね。

前は尽くすことに不満なんてなかったのに、これだから「お前は変わった」って言われちゃうんだよね。

 

最終話でケンジが料理の手伝いをしながらシロさんにちょっかい出してるとき「エビの鮮度が落ちる」と一喝された後、「恋の鮮度は? 俺たち2人の」とシロさんに聞くと、「保ってんじゃないかな」と言って反則級の笑顔を見せる場面が。

うちはもう、生では食べられない鮮度になってる(笑)

自分たちとは違うなぁとちょっとだけ切なくなったけど、幸せのカタチはたくさんあるんだと思わせてくれたり、とにかくニヤニヤしてしまう微笑ましいドラマでした。

またみようっと。

 

ドラマ

Posted by tamami