やってはいけないストレス発散法?!

ひとりごと

「どんなことでも話せる関係」に憧れて50年。

どんなこと、の内容はポジティブなこともだけど、ネガティブなことを共有できる間柄こそ親密度が増す気がしてました。

自分の中の黒い部分を見せられる。
嫌なこと、嫌いな人のこと、ムカついたことなどなど。
ただ聞いてくれるだけでもいいけど、共感してくれたらさらに嬉しい。

現実にはそういう相手はいないので、だいたいひとりでなんとかしなくてはなりませんが。

 

聞いてくれる人がいないんだからひとりでなんとかするしかないよねって思ってたら、気になる動画を目にしました。

 

 

やってはいけないストレス発散法。

愚痴を聞いてもらうっていうのは、マイナスエネルギーを発する行為なので、自分はスッキリしても聞いてくれた相手にダメージを与えてしまうんですって!

愚痴を言い合うなんてマイナスエネルギーの交換!!

 

最初は驚いたものの、すぐに納得しました。

すっかり疎遠になったママ友がいつも旦那さんの愚痴や職場の先輩の愚痴、お姑さんの愚痴を言ってたとき、聞いてるだけでだんだんしんどく感じてたのを思い出したから。何か解決しようと行動するわけではなく、いつも同じ愚痴。家に帰ってからドっと疲れを感じました。

愚痴を聞いてくれる相手がいないってことは、私のマイナスエネルギーでダメージを与えてしまう被害者?を作らないってことで、いいコトだったんだね(笑)

他人への不満に対する愚痴の場合、愚痴=悪口になるわけで、悪口って口にしたことを後悔することがよくあるから、調子に乗ってべらべら喋らない方がいいってのも、もう十分経験済み。

 

おすすめのストレス解消法も動画で教えてました^^

  1. 観葉植物を家の中で育てる
  2. 大きな木に触れる
  3. 夜の19時以降に空に向かって愚痴を言う

植物はマイナスエネルギーを吸ってくれるって話は、別のところでも聞いたことがある!

ポトスとか育てやすいからおススメだって。

確かに水耕栽培でも簡単に増やせるし、早速観葉植物を部屋に飾ろうかしら。

空に向かって愚痴を言うっていうのも、夜はマイナスエネルギーを吸い取ってくれるからってことらしく、マイナスエネルギーは迷惑にならない存在に引き受けてもらうのがお互いのために良さそうです。

 

愚痴は人に聞いてもらって発散しちゃダメってのはわかったものの、日常のなんでもないこと、オチのない面白くもなんともない話ができる相手は、やっぱり欲しいなぁ。

話術がないから話を盛って話せないし、その話面白くないって言葉は意外とダメージくらう。

 

アラフィフの頑張らない晩ごはん(準備中)

 

丸いまな板が欲しかったので、見つけて衝動買いw

ニトリで980円(税別)!厚みも2cmくらいあって結構満足。使ってみたけど、包丁が当たる感触もまぁまぁいい感じ。

お気に入りの道具だと、料理へのモチベーションも少し上がる気がする♪

 

カフェとかで使ってる木製のトレーが欲しいんだけど、高くてなかなか決心がつきません(笑)

それでは、また。