運と床面積の関係

運を上げる

開運情報にハマっておりますが、櫻庭露樹氏の「全捨離」という方法に興味があります。ありますが、平たくいって、持ってるものの8割を捨てるってやり方なのでなかなの決断力が必要です。

『人生を好転させていきたいのならば、モノを手放しなさい』

宇宙には、『8:2の法則』があります。例えば会社でいうと、2割の人が生産性の高い仕事で貢献し、残りの8割は可も不可もなく、非生産的、もしくは全く仕事をしていない状態と言われます。
また、メーカーや販売業であれば、自社製品のうち、2割の製品が大きな利益をたたき出していたり、売れ筋になっていたりする一方で、残り8割は無難に入れ替わっていたりします。このように、8:2の法則は万物に当てはまります。

これを家の中のものに置き換えてみると、面白い事実に気がつきます。”家の中にあるものは8割使っていない“ということが言えます。実は、本当になくてはならないモノは、たった2割に過ぎません。師匠はこの理由から、私に仰ったのです。

「運気を上げて人生を好転させていきたいのであれば、家の中にあるモノを8割手放しなさい」

著書の説明ページに書いてあったことには反論の余地なしです。この法則は私も知っておりますもん。

で、どうも運と床面積も大きく関係があるらしい。

とにかく捨てて床面積を広げるのが、開運にはこれが一番効果が高くて即効性あり。やるっきゃないけど8割って結構だよねぇ。

8割なんて無理じゃない!?って口から出そうなのをググっと飲み込んで、地道に捨て活やっていこう。これは終活にもつながることだしね。何回も確認してることだけど、基本は断捨離なのよね。ここを避けては通れない。まぁ少しずつ。

一度にどかっと捨てられないのだけど、今日は食器を少し、明日はビデオテープを少しと、何かしらは捨ててるのでよしとしよう。

 

Left Caption
いつもの地味めごはん。
20時までに食べ終わるのが目標です。

豚バラで作った麻婆なす、こってり最高!さっぱりお漬物、ちょっと箸休め的なゆでたまご、いいバランスでしたm(__)m